資格を取って転職しました

私は大学時代、不動産鑑定士の資格を取って、卒業後、不動産関係の会社に就職しました。
最初は営業の仕事をしていて自分にも合っていて充実していたのですが、その後、配置転換で、所有不動産の管理の仕事をするようになり、不動産の借主さんとの交渉などで仕事に悩むことが増えてきました。
また、そのときは生まれ育った地元から離れたところに勤務していて、その後も同じ会社に勤め続ける限り、転勤が避けられないこともあって、転勤がない職種への転職を考えるようになりました。

これまでのキャリアを考えると、どうしても同業の会社への転職活動に限定されてしまいそうだったので、思い切って、公認会計士の資格を取って、キャリアチェンジすることにしました。
勤めながら資格の取得は難しそうだったので、会社を辞めて、資格取得に専念することにしました。
3年間資格の専門学校に通って、なんとか公認会計士試験に合格することができました。

合格発表後すぐに、監査法人の就職面接を受け、いくつかの法人から内定をもらえたので、その中から一番自分に合いそうなところに就職しました。
不動産が専門の部署に配属されたので、以前の会社での実務経験が活かせるところもあり、会計士になる前に不動産会社に勤めていてよかったです。
キャリアチェンジを考えている方は、資格を取得すると転職に有利だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>